Discography

Sunset (2000)

アダルトチルドレンという言葉は現在では一般的にも浸透しています。アダルトチルドレンとは、親の虐待・アルコール依存症の親等、整っていない家庭環境で育った子供がトラウマを持ったまま大人になってしまい、何等かの心理的外傷を抱えている人を指します。ここでのトラウマが、その人の生き方を困難に生きづらくさせてしまうのが大きな問題となります。例えばアダルトチルドレンの特徴として常にネガティブ思考、主張が出来ない、または無気力、人間関係を築けない等があり、社会で生活していくための障害となり得る項目が多いです。秋田市にあるカウンセリング音楽カフェ自由の子では、アダルトチルドレン秋田カウンセリングのご案内をしております。トラウマを克服したいと思う方は、このアダルトチルドレン秋田カウンセリングカフェにおいで下さい。一人で抱えるには大き過ぎるその重荷の大きさにさえ気付けないのがアダルトチルドレンの特徴でもあります。是非アダルトチルドレン秋田ルームに来て苦しみを共有しましょう。
私達カウンセリング音楽カフェ自由の子のアダルトチルドレン秋田カウンセリングは、秋田市にお住まいの方はもちろん、遠方からのご利用者も多くいらっしゃいます。カウンセリング体制が対面のみでなく、skypeを利用しての話し合いや電話・メール等、連絡の取り方が豊富に設けられているのが理由の一つでしょう。また、アダルトチルドレンとしての悩みについて、心を開いて素直に打ち明けられる場が簡単には見付からないというのも多くの方に利用されている理由として挙げられるのではないでしょうか。自由の子には、実際に心的外傷を負い鬱・パニック障害等の深刻な症状も経験しているカウンセラーが在籍しているため、ご利用者様の苦しみも良く分かるのです。また、アダルトチルドレン秋田グループワークも毎月第3日曜日に開催されていますので、参加されてみる事をお勧めします。同じ心の傷を持ったメンバーが集まり、生きづらさ等の体験・感情を分かち合っています。回復に向けて大変有効な手段ですので、少し勇気を出して連絡してくださることをお待ちしています。

アダルトチルドレン秋田カウンセリングでトラウマの回復を!

アダルトチルドレン秋田で必ず克服できる

アダルトチルドレン秋田「カウンセリング音楽カフェ自由の子」は秋田市にあるインナーチャイルドワーク、AC回復プログラム、トラウマからの回復を目的としたところです。

心の中にずっと抱えてきたトラウマ、虚無感などから起きる「心の病」をゆったりした時間の中でゆっくり癒す力を与えてくれます。

最初は緊張する方々がほとんどですが繰り返し訪れて、様々なふれあいを通じ「自分が必要とされる人間のひとり」であることをもう一度気づかせてくれます。

新しい自分の生き方を見つけることができる場所でもあります。

実際のカウンセラーさんの中には「心の病」から立ち直った方々が数多くいらっしゃいます。

そんな方々だから今まで抱えてきた不安や悩みを共感しながら回復の時間を歩んでくれます。

一度「自由の子」にアクセスされてみてはいかがでしょう。

Comments are closed.

Railroad (2007) 

アダルトチルドレン秋田
アダルトチルドレンという言葉は現在では一般的にも浸透しています。アダルトチルドレンとは、親の虐待・アルコール依存症の親等、整るーむっていない家庭環境で育った子供がトラウマを持ったまま大人になってしまい、何等かの心理的外傷を抱えている人を指します。ここでのトラウマが、その人の生き方を困難に生きづらくさせてしまうのが大きな問題となります。例えばアダルトチルドレンの特徴として常にネガティブ思考、主張が出来ない、または無気力、人間関係を築けない等があり、社会で生活していくための障害となり得る項目が多いです。秋田市にあるカウンセリング音楽カフェ自由の子では、アダルトチルドレン秋田カウンセリングのご案内をしております。トラウマを克服したいと思う方は、このアダルトチルドレン秋田カウンセリングカフェにおいで下さい。一人で抱えるには大き過ぎるその重荷の大きさにさえ気付けないのがアダルトチルドレンの特徴でもあります。是非アダルトチルドレン秋田ルームに来て苦しみを共有しましょう。
私達カウンセリング音楽カフェ自由の子のアダルトチルドレン秋田カウンセリングは、秋田市にお住まいの方はもちろん、遠方からのご利用者も多くいらっしゃいます。カウンセリング体制が対面のみでなく、skypeを利用しての話し合いや電話・メール等、連絡の取り方が豊富に設けられているのが理由の一つでしょう。また、アダルトチルドレンとしての悩みについて、心を開いて素直に打ち明けられる場が簡単には見付からないというのも多くの方に利用されている理由として挙げられるのではないでしょうか。自由の子には、実際に心的外傷を負い鬱・パニック障害等の深刻な症状も経験しているカウンセラーが在籍しているため、ご利用者様の苦しみも良く分かるのです。また、アダルトチルドレン秋田グループワークも毎月第3日曜日に開催されていますので、参加されてみる事をお勧めします。同じ心の傷を持ったメンバーが集まり、生きづらさ等の体験・感情を分かち合っています。回復に向けて大変有効な手段ですので、少し勇気を出して連絡してくださることをお待ちしています。

One Way (2010)

親が、コントロール欲求や支配欲がとても強く、いつも否定して、何か言うとそのたびに話しを遮られたり、馬鹿にされたり、気持ちを話すと受け入れられない、、、そんな状況で育った子は性格にもよりますが、他人中心の自己を幼い頃から形成されてしまいます。自分が何を感じているのか?何を欲しているのか?何を考えて、何を言いたいのか?自分でも分からない大人となってしまいます。自分というものが無いので、他人にコントロールされやすくなります。いつも他の人に合わせていると、段々ストレスが溜まり、限界を超えると突然爆発します。他の人はびっくりして、離れていきます。ある場合は他の人に入り込み過ぎ、その関係がとても苦しくなったり、人を信じられず、直ぐに切ったりし、常に、孤独です。いづれにしても、人との適切な境界線や本当の親密な関係というものを知らないために、人間関係の健全な関係からくる良い感覚を味わったことがありません。そういうわけで、人から孤立してしまい、人が嫌であり、人間関係は煩わしいものとなります。でも刺すような寂しさや不安などが降りかかってきて、どうしようもない虚しさや絶望感に襲われます。そんないい子の特性で悩んでいる人は、まず、自分の率直な本当の気持ちに気づく訓練が必要です。そのために、コントロールする人から離れている必要があります。安全な人と罰せられたり、侮辱されたりせず、自分を自由に表現することの練習が必要です。アダルトチルドレンワークでよく使う次のコミュニケーションの権利を声を出して確認できます。

私には生理的欲求を満たしたいという権利があり、その事を適切に表現する権利があります。

私には安全を感じていたいという願いがあり、その事を適切に表現する権利があります。

私には人と良い関係でいたいという権利があり、その事を適切に表現する権利があります。

私には達成感を味わいたいと願う権利があり、その事を適切に表現する権利があります。

私には自分らしくいたいと願う権利があり、その事を適切に表現する権利があります。

アサーティブの12の権利

1:私には、どんな立場にあ順位を決める権利があります私には、賢くて能力のある対等な人間として、敬意をもって扱われる権利があります
2:私には、自分の気持ちを言葉で表現する権利があります
3:私には、自分の意見と価値観を表明する権利があります
4:私には、「イェス」「ノー」を自分で決めて言う権利があります
5:私には、間違う権利があります
6:私には、考えや気持ちを変える権利があります
7:私には、「わかりません」と言う権利があります
8:私には、欲しいものを欲しい、したいことをしたいと言う権利があります
9:私には、人の悩みの種を自分の責任にしなくてもよい権利があります
10:私には、周囲の人から認められることを当てにしないで、人と接する権利があります。

11:私には、賢くて能力のある対等な人間として、敬意をもって扱われる権利があります。

12:私には、アサーティブでない自分を選択する権利があります。


アダルトチルドレンとは

子どもの頃のトラウマは大人になっても影響し、思考や行動が年齢にともなわず生きづらさを感じます。特にアダルトチルドレンの方はそれを強く感じてしまう傾向があります。

子どもらしく過ごせなかった「アダルトチルドレン」

子どもらしく過ごせなかった「アダルトチルドレン」

アダルトチルドレンの本来の意味は、「アルコール依存症の親のもとで育ち、すでに成人した人々」を指す言葉です。

1970年代アメリカの社会福祉援助など現場で支援する人たちにより考え出されました。その後、様々な変化があり、現在のアダルトチルドレンは「機能不全家族で育った人」という認識が広まっています。

アダルトチルドレンは分かりやすく言うと、子ども時代を子どもらしく過ごすことができないまま、大人になってしまった人たちのことです。

アダルトチルドレンになる理由

アダルトチルドレンになる理由

子どもの時代の家庭環境によりアダルトチルドレンになってしまいます。機能不完全家族のパターンとしては、支配・過干渉・過剰な期待・過保護・寄りかかり・条件つきの愛情・暴力暴言・無視・存在の否定などがあります。

全てに共通しているのが、親が子どもの人格を尊重しておらず、逆に子どもの心に侵入侵害することが挙げられます。そのことで様々な心の傷を負い、大人になった今様々な弊害を感じてしまっているのです。

アダルトチルドレンを回復するには

アダルトチルドレンを回復するには

アダルトチルドレン回復には、認知(思い込み)を変えることが必要です。その過程に必要なのが、自分の考えのゆがみや不自然さに気づくようにする、不自然な考え方をやめるようにする、そしてこの「気づいたら、やめる」を継続していくことです。

まずは自分の考えや感情を全部、紙に書き出してみましょう。書いているうちに感情を吐き出すことにつながりすっきりし、自分を客観視できるようになり、自分のよくない行動に気づきやすくなり、やめられるようになっていきます。

自由の子(所在地:秋田)ではカウンセリングにより、アダルトチルドレンの方のサポートを行っております。その他にPTSDやトラウマ、共存症などを回復するためのカウンセリングも実施しております。カウンセリングは対面だけでなく、スカイプ・メール・電話などでもご相談を承っていますので、お気軽にお問い合わせください。